呼吸音を聴診する時の部位【雑音なく聞きやすくなる聴診のコツ5選も紹介】 | コキュトレ
聴診・呼吸音コース

呼吸音で背中も聴診する理由【聴診で聞きやすくなるコツも紹介】

  • リハビリ職
  • 医師
  • 看護師
2020年10月10日 (更新日:2021年6月3日)
sheep

聴診ではなんで背中も聴く必要があるの?

sheep
呼吸音を聞く部位がわからない。
sheep
呼吸音なのか皮膚のすれた音なのか分かりにくい。

こんな疑問に答えていきます。

この記事では、以下を解説します。

  • 背中から聴診する理由
  • 呼吸音を聴診する時の部位
  • 雑音をすくなく聴診するコツ

執筆者:ひつじ

  • 2009年 研修医
  • 2011年 呼吸器内科。急性期病院を何か所か回る。
  • 2017年 呼吸器内科専門医

聴診器の持ち始めのころは、胸部のどこを聞くかっていう部分から分からなかったりしますよね。あと、皮膚が擦れている音なのか分からなかったり、ちゃんときけているかすら分からないってのも多いです。

この記事を読むことで、背部から聴診する理由だけでなく、聴診する部位や、呼吸音が他の雑音なく聞きやすくなります。

普段聴診する人は、ぜひ参考にしてみてください!

  1. 前だけでなく背中も聴診する理由
  2. 呼吸音を聴診する時の部位
  3. 余聴診のコツ5選【余計な雑音も減らせる】

前だけでなく背中も聴く理由

理由は、特に下葉などほとんど背中からしか聞こえない部位があるからです。

肺がんの基礎知識|東京慈恵会医科大学附属柏病院
出典:肺がんの基礎知識|東京慈恵会医科大学附属柏病院

左の図が前から、右の図が背中からです。下葉は前からはあまり見えないのは分かりますでしょうか。

下葉によく起こる疾患は前からでは聞き逃してしまいます。誤嚥性肺炎、間質性肺炎などはその代表です。なので、しっかり背部からも聞くようにしましょう。

sheep
背中も聴くんだったら、全体を通してはどこを聴いたらいいですか?

では、続いてはその点を説明します。

呼吸音を聴診する時の部位

結論からいうと、「左右対称に、最低6か所聴く」です。

左右を比較するため、片方聞いたら反対側も聞きます。これを、上から順番に、上・中・下と行います。

聴診の流れ
出典:ナース専科「呼吸音を正しく聴取するための4つのポイント」

肺の全体をきちんと聞くため、これくらいが最低必要です。

聴診のコツ5選【余計な雑音も減らせる】

sheep

呼吸音なのか皮膚のすれた音なのか分かりにくいです。

最初は、皮膚がこすれた音なのか分からないっていうの、あるあるですよね。

あと、異常音があってもちゃんと聞けているか、不安になりますよね。

ここでは、呼吸音をきれいに聴診するを5つお伝えします!

  • 服を脱がす
  • ぴったり押し当てる
  • 聴診器の端を持つ
  • 1つの部位で1つの呼吸を聴診する
  • 吸気・呼気を全部聴く

では、それぞれ見ていきます。

服を脱がす

服を着ていると、服とすれる摩擦音も聞こえてしまいます。服を脱いだ方が、余計な音が入りずらくなります。

ぴったり押し当てる

ぴったり当てる方がこすれる音が少ないです。
肋骨の凹凸も、少ないところの方が雑音は聞こえにくいです。

聴診器の端を持つ

聴診器のいろんな場所をこすりながら音を聞いてみて下さい。聴診器のピースのゴムの部分が一番音が小さいはずです。

つまり、そこを持つと、指と聴診器のあいだでの摩擦音が入りにくくなります。

1つの部位で1つの呼吸を聴診する

呼吸の途中で次の部位に移ると、異常音を聞き洩らしてしまうかもしれません。

1つの部位で1つの呼吸が基本です。

吸気・呼気を全部聴く

吸気と呼気を、最初から最後まで聞くようにしましょう。

なぜなら、音の種類によって聞こえにくいタイミングがあるから。

例えば捻髪音は、吸気の最後の方がよく聞こえます。

聴診、呼吸音、水泡音、捻髪音

なので、吸気と呼気を、最初から最後まで聞きましょう。

まとめ

では、内容を振り返ります。

  • 呼吸音を聴診する部位は、「左右対称に最低6か所、前だけでなく背中も」
  • 呼吸音を聴診するコツは、①服を脱がす、②ぴったり押し当てる、③聴診器の端を持つ、④1つの部位で1つの呼吸を聴診する、⑤吸気・呼気を全部聴く
sheep

何となく分かった気もするけど、覚えられない。多分明日には忘れてる。

学んだ記憶を定着できるよう、コキュトレではクイズも用意しています。

sheep

もっと気軽に見たい!

気軽に見たい人に向けて、Instagramでも同じ内容を発信しています。

sheep

もっと得意になりたい!

もっと得意になりたい人は、書籍がオススメです。また、それにぴったりの職場で働くのももっと大事です。

以上、参考になればうれしいです。明日からの聴診にぜひ活かしてみてください!