呼吸音の聴診で、余計な雑音と聞き漏らしをなくするコツ【クイズで学ぶ】 | コキュトレ
聴診・呼吸音コース

呼吸音の聴診で、余計な雑音と聞き漏らしをなくするコツ【クイズで学ぶ】

  • リハビリ職
  • 医師
  • 看護師
2020年10月10日 (更新日:2021年4月16日)
/6

呼吸音の聴診で、余計な雑音と聞き漏らしをなくするコツ

「呼吸音なのか皮膚のすれた音なのか分かりにくいです。」
こんな疑問を、クイズを解くことで学んでいきます。
解説つきです!

聴診の時に、雑音が入りにくいのはどっち?

聴診の時に聞く部位は?

聴診の時に、聞き逃しが少ないのはどっち

聴診の時に、雑音が入りにくいのはどっち?

聴診の時に、聞き逃しが少ないのはどっち

聴診の時に、雑音が入りにくいのはどっち

Your score is

0%

sheep

分からなかった問題があるけど、調べるのがめんどくさい

今回の内容は[呼吸音で背中も聴診する理由【聴診で聞きやすくなるコツも紹介】]で解説しています。

筆者が駆け出しのころに読んでいたのは「呼吸器内科の本の一部」にあった呼吸音です。

でも、これでは不十分な気もしたので、「呼吸音」の本も読んでました。

おかげでワンランク得意になったと思います。

さらに得意になるには書籍で勉強するのもオススメです。呼吸音を学ぶのにオススメの本、4選【2021年版】にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。