チェーンストークス呼吸を動画つきで解説【クスマウル呼吸、ビオー呼吸、下顎呼吸も】 | コキュトレ
診察コース

チェーンストークス呼吸を動画つきで解説【クスマウル呼吸、ビオー呼吸、下顎呼吸も】

  • リハビリ職
  • 医師
  • 看護師
  • 臨床工学技士
2021年2月11日 (更新日:2021年8月6日)
sheep

クスマウル呼吸やチェーンストークス呼吸って本には書いてあるけど、実際に見たことがないし分からないなぁ

こういった疑問を解決します。

この記事の内容

  • チェーンストークス呼吸の呼吸様式、原因
  • クスマウル呼吸の呼吸様式、原因
  • ビオー呼吸の呼吸様式、原因
  • 下顎呼吸の呼吸様式、原因

執筆者:ひつじ

  • 2009年 研修医
  • 2011年 呼吸器内科。急性期病院を何か所か回る。
  • 2017年 呼吸器内科専門医

これらの呼吸って本でみても分かりにくいですよね?筆者は昔、実際に見てようやくイメージできるようになりました。

今回は、動画を交えながら、呼吸器歴10年の筆者が解説していきます!

この記事を見ると、それぞれの呼吸様式がイメージとして頭に思い浮かべられるようになります。

普段呼吸器の患者さんとかかわる方は、ぜひ参考にしてみてください!

  1. 結論:チェーンストークス呼吸、クスマウル呼吸、ビオー呼吸、下顎呼吸を動画で見る
  2. チェーンストークス呼吸とは?
  3. チェーンストークス呼吸の原因疾患・機序
  4. クスマウル呼吸とは?
  5. クスマウル呼吸の原因疾患・機序
  6. ビオー呼吸とは?
  7. ビオー呼吸の原因疾患・機序
  8. 下顎呼吸(死戦期呼吸)とは?
  9. まとめ

結論:クスマウル呼吸、チェーンストークス呼吸、ビオー呼吸、下顎呼吸を動画で見る

sheep

クスマウル呼吸やチェーンストークス呼吸とか、実際に見てみたい

図で見るより、実際に見る方が100倍いいです。まずは下の2つの動画をご覧ください。

まずはチェーンストークス呼吸。呼吸が増大と減弱を繰り返します。

開始時から60秒くらいまでをご覧ください。

続いてクスマウル呼吸。深く早い呼吸が規則正しく続きます。

そしてビオー呼吸です。呼吸回数、換気量など、すべてが不規則です。無呼吸も時々は見られます。

最後に下顎呼吸。顎をしゃくりあげるような呼吸です。死戦期呼吸ともいい、人が亡くなる数時間前に見られるものです。

sheep

なんとなく分かったけど、どんな病気で見られるの?

次から詳しく解説していきます。

チェーンストークス呼吸とは?

図で示すとこうなります。

チェーンストークス呼吸

「15秒程度の無呼吸→深く早い呼吸→ゆっくりした呼吸」が繰り返されるのが特徴です。

チェーンストークス呼吸の原因疾患・機序

中枢神経疾患、心不全などが有名です。

チェーンストークス呼吸はいろんな要素が組み合わさって起きるので、機序の理解は難しいです。

誤解をおそれずざっくり説明すると、

体「息苦しい、もっと息しなきゃ!」
   ↓
たくさん呼吸する
   ↓
体「むしろ息をしすぎ。少し呼吸を抑えよう」
   ↓
息を抑える

の繰り返しです。

中枢神経疾患も心不全も、「呼吸中枢の機能低下」の状態に、「二酸化炭素の体内貯留」が起こると、上で説明した状態になります。

実際は、いろんな要因がかかわっているようです。

チェーンストークス呼吸:呼吸が増大と減弱を繰り返す。

クスマウル呼吸とは?

図で示すとこうなります。

クスマウル呼吸

このように、通常よりも深い呼吸が規則正しく続きます。

クスマウル呼吸の原因疾患・機序

糖尿病性ケトアシドーシス、尿毒症が代表的です。

これらは、2つとも体に酸性物質がたまる状態です。これは代謝性アシドーシスの状態。

体に貯まった酸を補正しようとして、たくさん呼吸が行われるんです。

クスマウル呼吸:深く早い呼吸が規則正しく続く。糖尿病性ケトアシドーシス、尿毒症が代表的。

ビオー呼吸とは?

図で示すとこうなります。

ビオー呼吸

呼吸のリズムや、一回あたりの換気量もすべて不規則です。時々、10秒から30秒程度の無呼吸もまじります。

チェーン・ストークス呼吸も無呼吸があります。しかし、チェーン・ストークス呼吸が規則的なのに対して、ビオー呼吸は不規則です。

ビオー呼吸の原因疾患・機序

主には中枢の呼吸をつかさどる神経の異常です。

具体的には、脳卒中、髄膜炎、脳炎、脳腫瘍などです。

ビオー呼吸:呼吸のリズムや、一回あたりの換気量もすべて不規則。原因は脳卒中、髄膜炎、脳炎、脳腫瘍。

下顎呼吸(死戦期呼吸)

この記事の最初で示したような、顎でしゃくりあげるような呼吸です。動画をもう一度お見せします。

顎が動いているのみで、実はほとんど肺に空気は届いていません。ちゃんと呼吸できていないのです。

死戦期呼吸ともいい、人が亡くなる数時間前に見られる呼吸です。人生の最期を迎えるような話ができている、いわゆるお看取りの方針の患者なら、見守ってあげましょう。

そうでない人が見られた時には、すぐに救命措置が必要です。人を呼んで、胸骨圧迫を始めましょう。

まとめ

まとめるとこのようになります。

  • クスマウル呼吸:深く早い呼吸が規則正しく続く。糖尿病性ケトアシドーシス、尿毒症が代表的。
  • チェーンストークス呼吸:呼吸が増大と減弱を繰り返す。
  • ビオー呼吸:呼吸のリズムや、一回あたりの換気量もすべて不規則。原因は脳卒中、髄膜炎、脳炎、脳腫瘍。
  • 下顎呼吸(死戦期呼吸):顎でしゃくりあげるような呼吸。人が亡くなる数時間前に見られる。
sheep

何となく分かった気もするけど、覚えられない。多分明日には忘れてる。

というわけで、クイズを用意してみました。
>>クスマウル呼吸やチェーンストークス呼吸とは?呼吸パターンは?疾患は? 【クイズで学ぶ】

sheep

ブログよりもっといいのはない?

また、キャリアアップで最も大事なのは、働く環境だったりします。どんな症例が経験できるか、まわりの人間関係などで、力がつけられるかは大きく変わります。

より呼吸器が学べる職場を見つけたい人は[看護師転職サイトのランキング【結論:大手3サイト+自分の事情に合わせて】]にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事は[慢性呼吸不全に対する非侵襲的換気療法ガイドライン]を参照しました。