胸部CTの読影の基礎【働くのに必要な知識を最短で習得する方法】 | コキュトレ
胸部CTコース

胸部CTの読影の基礎【働くのに必要な知識を最短で習得する方法】

  • 医師
  • 放射線技師
  • 看護師
2021年8月28日 (更新日:2021年7月12日)
sheep

胸部CTの基本的な部分を勉強したい

sheep

胸部CTが難しくてとにかく分からない。実際に活かすことができない。

こういった疑問を解決します。

この記事の内容

  • 各異常所見の見え方と、鑑別疾患
  • 代表的な疾患の見え方

執筆者:ひつじ

  • 2009年 研修医
  • 2011年 呼吸器内科。急性期病院を何か所か回る。
  • 2017年 呼吸器内科専門医

筆者は呼吸器内科をやって10年経ちますが、最初の方で胸部CTは特に難しい内容でした。

なぜ難しいかというのに後で気づいたんですが、最終的には呼吸器の疾患の各論をすべてわかっていないと判断できないから。

でも、そんなこと、専門でもないのにできるわけないですよね。

そこで、ここでは病院で働くのに必要な知識を最短で習得できるように、解説します。

ある程度は目を慣らすことができるよう、胸部CTの写真を多めに載せておきました。

この記事を読めば、病院で働くのに必要な最低限の胸部CTの知識は身に付きます。

胸部CTで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみだください。

  1. 働くのに必要な知識を最短で習得する方法
  2. 腫瘤/結節の見え方と、鑑別疾患
  3. 空洞病変の見え方と、鑑別疾患
  4. 多発する腫瘤の見え方と、鑑別疾患
  5. 黒く見える病気(多発嚢胞)の見え方と、鑑別疾患
  6. びまん性肺疾患の見え方と、鑑別疾患
  7. 胸水の見え方と、鑑別疾患
  8. 代表的な疾患を網羅しました:肺癌、結核、COPD、気胸、肺炎、間質性肺炎、心不全、胸水、肺塞栓症、大動脈解離
  9. まとめ

働くのに必要な知識を最短で習得する方法

それは、それぞれの異常所見の見え方と、代表的な鑑別疾患を知っておくことです。

異常所見も細かくいうとホントいろいろあるのですが、この記事では最低限必要なものにしぼりました。

また、記事の後半では代表的な疾患の胸部CTも紹介します。

ある程度は目を慣らすことができるよう、胸部CTの写真を多めにして解説していきます。

それぞれの異常所見の見え方と、代表的な鑑別疾患を知っておくことが最短の習得方法

腫瘤/結節の見え方と、鑑別疾患

かたまりに見える陰影で、肺癌が代表的です。

鑑別疾患はこれら。

  • 腫瘍
    •  肺癌、転移性腫瘍、悪性リンパ腫、過誤腫、硬化性血管腫
  • 感染症
    •  肺炎、結核、真菌症(アスペルギルス、クリプトコッカス)
  • 循環
    •  肺動静脈奇形、血腫
  • その他
    •  肺内リンパ節、Wegener肉芽腫症、円形無気肺、肺梗塞、粘液栓

レアなものまで含めていますので、これらを全部覚えなくていいです。

覚えておきたい人は、さらに絞ったこれらにしてください。

  • 腫瘍:肺癌、転移性腫瘍、悪性リンパ腫
  • 感染症:結核、真菌症(アスペルギルス、クリプトコッカス)

では、実際のCTを見ていきます。

胸部CT、肺癌
胸部CT、肺癌
胸部CT、肺癌
胸部CT、肺癌
胸部CT、肺癌
胸部CT、肺癌
胸部CT、肺癌
胸部CT、肺癌

さらに詳しく見たい人は[肺癌の胸部CTの所見【悲報:画像では診断できません】※医療者向け]も参考にしてみてください。

空洞病変の見え方と、鑑別疾患

結核、アスペルギルス、扁平上皮癌が代表的です。

鑑別疾患はこれら。

  • 腫瘍性
    •  原発性肺癌(扁平上皮癌)
    •  転移性肺癌
  • 炎症性および感染性
    •  結核
    •  非結核性抗酸菌症
    •  肺化膿症
    •  真菌感染症(アスペルギルス、クリプトコッカス)
    •  寄生虫感染症
    •  肉芽腫性病変(Wegener肉芽種など)

レアなものまで含めていますので、これらを全部覚えなくていいです。

覚えておきたい人は、さらに絞ったこれらにしてください。

  • 腫瘍性:原発性肺癌(扁平上皮癌)
  • 炎症性および感染性:結核、非結核性抗酸菌症、肺化膿症、真菌感染症(アスペルギルス、クリプトコッカス)

では、実際のCTを見ていきます。

胸部CT、結核、空洞病変
胸部CT、結核、空洞病変
胸部CT、結核、空洞病変

さらに詳しく見たい人は[結核の胸部CTの所見【結論:疑うことから始まる】※医療者むけ]も参考にしてみてください。

多発する腫瘤の見え方と、鑑別疾患

転移性肺腫瘍、粟粒結核が代表的です。

鑑別疾患はこれら。

  • 腫瘍性
    •  転移性肺腫瘍
    •  悪性リンパ腫
  • リンパ増殖性疾患
    •  過誤腫
    •  同時多巣性肺腫瘍(細気管支肺胞上皮癌、カルチノイド)
  • 感染性
    •  粟粒結核
    •  非結核性抗酸菌症
    •  敗血症性塞栓症(多発肺膿瘍)
    •  真菌感染(クリプトコッカスなど)
    •  寄生虫(包虫症)

レアなものまで含めていますので、これらを全部覚えなくていいです。

覚えておきたい人は、さらに絞ったこれらにしてください。

  • 腫瘍性:転移性肺腫瘍
  • 感染性:粟粒結核

では、実際のCTを見ていきます。

胸部CT、多発腫瘤
胸部CT、多発腫瘤

さらに詳しく見たい人は[結核の胸部CTの所見【結論:疑うことから始まる】※医療者むけ]も参考にしてみてください。

黒く見える病気(多発嚢胞)の見え方と、鑑別疾患

COPD、蜂巣肺を伴う間質性肺炎が代表的です。

鑑別疾患はこれら。

  • COPD
  • 蜂巣肺を伴う間質性肺炎
  • 慢性過敏性肺臓炎
  • 気管支拡張症

レアなものまで含めていますので、これらを全部覚えなくていいです。

覚えておきたい人は、COPD、蜂巣肺のみでもいいです。

では、実際のCTを見ていきます。

胸部CT、COPD
胸部CT、COPD
胸部CT、COPD

さらに詳しく見たい人は[COPDの胸部CTの所見【結論:全体的に真っ黒】※医療者むけ]も参考にしてみてください。

びまん性肺疾患の見え方と、鑑別疾患

ここは最大の山場です。影が肺の広い範囲で広がっている時に考えることです。

鑑別疾患はこれら。

  • 特発性間質性肺炎:UIP、NSIP、COP、AIP、DIP、RB-ILD、LIP
  • 膠原病関連肺疾患:関節リウマチ、皮膚筋炎、SLE、皮膚硬化症、シェーグレン病、混合性結合組織病
  • 感染症:細菌性、粟粒結核、ウイルス性、真菌、ニューモシスティス肺炎
  • 薬剤性肺炎:抗癌剤、漢方薬、抗菌薬など
  • 職業関連肺疾患:塵肺、アスベストーシス
  • 腫瘍性病変:肺癌(肺胞上皮癌)、癌性リンパ管症、転移性肺腫瘍など
  • 循環器系:肺水腫、尿毒症
  • 肉芽腫、血管炎:ANCA関連血管炎、ベーチェット病、サルコイドーシス
  • アレルギ―性肺疾患:急性/慢性過敏性肺炎、急性/慢性好酸球性肺炎
  • その他:ARDS、肺胞蛋白症、アミロイドーシス、リンパ脈管筋腫症、高地肺水腫、HIV関連、HTLV関連、IgG4関連疾患

レアなものまで含めていますので、これらを全部覚えなくていいです。

覚えておきたい人は、さらに絞ったこれらにしてください。

  • 特発性間質性肺炎:UIP、NSIP、COP
  • 膠原病関連肺疾患
  • 感染症:細菌性、粟粒結核
  • 薬剤性肺炎
  • 職業関連肺疾患
  • 循環器系:肺水腫、尿毒症
  • アレルギ―性肺疾患:急性/慢性過敏性肺炎、急性/慢性好酸球性肺炎

そして、いくつかの見え方のパターンを紹介します。

浸潤影

胸部CT、間質性肺炎、びまん性肺疾患

白くべったりした影です。肺胞の中に病変が満たされていると思っておきましょう。

代表的な疾患は細菌性肺炎、器質化肺炎(COP)です。

すりガラス陰影

胸部CT、間質性肺炎、びまん性肺疾患

浸潤影に比べて薄くなった影です。陰影の中に血管が判断できれば、浸潤影というよりすりガラス陰影といっていいでしょう。

代表的な疾患は非特異的間質性肺炎(NSIP)、マイコプラズマ肺炎、ニューモシスティス肺炎など。

蜂巣肺

胸部CT、間質性肺炎、びまん性肺疾患

その名の通り、蜂の巣のように見えます。慣れないとCOPDと間違えるかもしれません。厚めの膜が見えてきたら蜂巣肺、そうでなければCOPDです。

代表的な疾患は特発性肺線維症(IPF)です。

バタフライシャドー

胸部CT、間質性肺炎、びまん性肺疾患

左右の肺でも心臓付近に見える影で、蝶の羽のように見えるためこの名前です。

心不全や肺水腫で見られます。

Air Bronchogram

胸部CT、間質性肺炎、びまん性肺疾患

浸潤影の中に、気管が抜けて見えるものです。

肺胞の中にたくさん液体がたまっているのを表しています。

細菌性肺炎が代表的です。

さらに詳しく見たい人は[間質性肺炎の胸部CTの所見【悲報:胸部CTからは診断できません】]も参考にしてみてください。

胸水の見え方と、鑑別疾患

鑑別疾患はこれら。

  • 【漏出性胸水】
    • 静水浸透圧↑:心不全,SVC症候群,収縮性心膜炎
    • 膠質浸透圧↓:低alb,ネフローゼ,肝不全
    • 腹腔から漏出:肝性腹水,腹膜透析,水腎症
    • 甲状腺   :甲状腺機能低下症,粘液水腫
  • 【滲出性胸水】
    • 悪性腫瘍 :癌性胸膜炎,悪性胸膜中皮腫,悪性リンパ腫
    • 感染症:肺炎,結核,真菌,ウイルス,HIV
    • 膠原病:関節リウマチ,SLE
    • 腹腔内病/変:横隔膜下膿瘍,膵炎
    • 肺病変:肺塞栓,石綿の良性胸水
    • 心臓病変:心筋梗塞後,冠動脈バイパス術
    • 産婦人科:卵巣過剰刺激症候群、卵巣腫瘍(メージュ病)
    • その他:尿毒症,食道破裂,乳び胸,偽性乳び胸,サルコイドーシス,黄色爪症候群

レアなものまで含めていますので、これらを全部覚えなくていいです。

覚えておきたい人は、さらに絞ったこれらにしてください。

  • 【漏出性胸水】
    • 心不全低,alb,ネフローゼ,肝不全
  • 【滲出性胸水】
    • 悪性腫瘍 :癌性胸膜炎,悪性胸膜中皮腫
    • 感染症:肺炎、膿胸

では、実際のCTを見ていきます。

胸部CT、胸水
胸部CT、胸水
胸部CT、胸水
胸部CT、胸水

さらに詳しく見たい人は[胸部CTで二次小葉から原因疾患を判断する方法【4つに分ければ理解できる】]も参考にしてみてください。

代表的な疾患を網羅しました:肺癌、結核、COPD、気胸、肺炎、間質性肺炎、心不全、胸水、肺塞栓症、大動脈解離

肺癌

腫瘤、結節に見えるのが基本。

バリエーションとして、これらがあります。

  • 空洞性の病変:扁平上皮癌
  • 多発する腫瘤:転移性肺腫瘍

実際に見てみましょう。

腫瘤・結節

胸部CT、肺癌
胸部CT、肺癌
胸部CT、肺癌

空洞性の病変:扁平上皮癌

胸部CT、肺癌

多発する腫瘤:転移性肺腫瘍

胸部CT、多発腫瘤

腫瘤、結節に見えるのが基本。バリエーションとして、空洞性の病変:扁平上皮癌、多発する腫瘤:転移性肺腫瘍がある。

さらに詳しく見たい人は[肺癌の胸部CTの所見【悲報:画像では診断できません】※医療者向け]も参考にしてみてください。

結核

バリエーションが多くて難しいです。典型例なんてないって言われるくらい。

その中でも、代表的なのはこれら

  • 縦隔リンパ節腫大
  • 空洞病変
  • 小葉中心性
  • 多発性の腫瘤:粟粒結核

実際に見てみましょう。

縦隔リンパ節腫大

空洞病変

胸部CT、結核、空洞病変

小葉中心性

胸部CT、結核、空洞病変

多発性の腫瘤:粟粒結核

胸部CT、結核、空洞病変

結核はバリエーションが多い。典型例なんてないって言われるくらい。その中でも、代表的なのは縦隔リンパ節腫大、空洞病変、小葉中心性、多発性の腫瘤(粟粒結核)。

さらに詳しく見たい人は[結核の胸部CTの所見【結論:疑うことから始まる】※医療者むけ]も参考にしてみてください。

COPD

COPDでは肺胞どうしの壁が壊れて一つの大きな袋になっているため、より真っ黒にうつります。 これを、低吸収領域(LAA:Low Attenuation Area)といいます。このように見える肺を気腫肺と言ったりもします。

そのほかのバリエーション

  • 気管支の肥厚
  • 肺動脈の拡張

実際に見てみましょう。

低吸収領域(LAA:Low Attenuation Area)

胸部CT、COPD
胸部CT、COPD

気管支の肥厚

胸部CT、COPD

肺動脈の拡張

胸部CT、COPD

COPDで代表的な所見は低吸収領域(LAA:Low Attenuation Area)。そのほかのバリエーションで気管支の肥厚、肺動脈の拡張がある。

さらに詳しく見たい人は[COPDの胸部CTの所見【結論:全体的に真っ黒】※医療者むけ]も参考にしてみてください。

気胸

気胸は分かりやすいです。

肺野と肋骨の間に真っ黒な胸腔がみえます。

実際に見てみましょう。

気胸 - 医療法人 原三信病院
画像出典:気胸 – 医療法人 原三信病院

気胸は肺野と肋骨の間に真っ黒な胸腔がみえる。

肺炎

典型的には浸潤影です。

他に、こんなものもあり得ます。

  • Air Bronchogram:気管が黒く透けて見える
  • すりガラス陰影:マイコプラズマ肺炎、ニューモシスチス肺炎など。

実際に見てみましょう。

浸潤影

胸部CT、間質性肺炎、びまん性肺疾患

Air Bronchogram

胸部CT、間質性肺炎、びまん性肺疾患

すりガラス陰影

胸部CT、間質性肺炎、びまん性肺疾患

肺炎のCTは典型的には浸潤影です。他に、気管が黒く透けて見えるAir Bronchogram、マイコプラズマ肺炎などで見られるすりガラス陰影も。

間質性肺炎

典型的にはすりガラス陰影です。

あとは、このようなものもあります。

  • 粒状影
  • 網状影
  • 蜂巣肺

間質性肺炎は奥が深く、他にもいろいろあります。さらに詳しく見たい人は[間質性肺炎の胸部CTの所見【悲報:胸部CTからは診断できません】]も参考にしてみてください。

実際に見てみましょう。

すりガラス陰影

胸部CT、間質性肺炎、びまん性肺疾患

粒状影

胸部CT、間質性肺炎、びまん性肺疾患

網状影

胸部CT、間質性肺炎、びまん性肺疾患

蜂巣肺

胸部CT、間質性肺炎、びまん性肺疾患

間質性肺炎は奥が深く、他にもいろいろあります。さらに詳しく見たい人は[間質性肺炎の胸部CTの所見【悲報:胸部CTからは診断できません】]も参考にしてみてください。

間質性肺炎の陰影には、すりガラス陰影、粒状影、網状影、蜂巣肺などがある。

心不全

心不全もバリエーションが多いです。

典型的には以下の所見。

  • 浸潤影
  • バタフライシャドー
  • 胸水

要は、水が溜まっている所見です。

他にも、すりガラス陰影っぽく見えることもあったりします。

実際に見てみましょう。

バタフライシャドー

胸部CT、間質性肺炎、びまん性肺疾患

胸水

胸部CT、胸水

心不全のCT所見もバリエーションが多いが、典型的には浸潤影、バタフライシャドー、胸水など。

胸水

胸水も分かりやすいです。
肺と肋骨の間に、グレーの液体成分が見えます。

実際に見てみましょう。

胸部CT、胸水
胸部CT、胸水
胸部CT、胸水

胸水のCTでは、肺と肋骨の間に、グレーの液体成分が見えます。

さらに詳しく見たい人は[胸部CTでの胸水の特徴と鑑別疾患を解説【胸膜疾患も合わせて説明】]も参考にしてみてください。

肺塞栓症

肺動脈に血栓が詰まったものです。造影CTでないと分からないです。

血管が詰まったように見えます。

実際に見てみましょう。

肺血栓塞栓症|KOMPAS
画像出典:慶應義塾大学KOMPAS

大動脈解離

大動脈の中に二腔構造が見られます。造影CTの方が分かりやすいです。

実際に見てみましょう。

画像出典:寺元記念病院画像診断センター

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に、紹介した記事をまとめます。

また、コキュトレではクイズも用意しています。

かなりのボリュームでした。CTは奥が深くて、突き詰めるとまだまだ掘り下がります。

ただ、病院である程度働けるようになる最低限の知識を最短で身に着けようと思えば、この記事を繰り返し見るのが手っ取り早いです。

ぜひ繰り返し見て、参考にしてみてください。