NPPVを学ぶのにオススメの本5選【2021年版】 | コキュトレ
キャリア・オススメ書籍コース

NPPVを学ぶのにオススメの本5選【2021年版】

  • リハビリ職
  • 医師
  • 看護師
  • 臨床工学技士
2021年1月10日 (更新日:2021年4月10日)
sheep

NPPVの患者さんを持つことになったけど、難しくて分からないなぁ。なにかいい本ないかなぁ。

こんな疑問に答えます。

執筆者:ひつじ

  • 2009年 研修医
  • 2011年 呼吸器内科。急性期病院を何か所か回る。
  • 2017年 呼吸器内科専門医

筆者は呼吸器10年目です。NPPVは初心者にとってはなかなか難しくて、本を読んでは実践の連続でした。

なかなか身に着けるのに時間がかかったけど、今から思えばもっと分かりやすい本を読めばよかったということ。

今はその頃と比べて新しい本も出ています。それも読んでみて、改めて今オススメするならどの本がいいか、この記事でご紹介します。

kindleや楽天ブックスにあった口コミも合わせて紹介します。

分かりやすいよう、難易度の低い順からまとめています。

  1. はじめてのNPPV / 石原英樹
  2. 誰でもわかるNPPV / 濱本実也
  3. 医師・ナースのためのNPPVまるごと事典 / 石原 英樹
  4. こういうことだったのか!!NPPV / 小尾口邦彦
  5. NPPVとネーザルハイフロー / 滝澤始
  6. まとめ:NPPVの本のオススメはこれ!

はじめてのNPPV / 石原英樹

NPPVに自信のない看護師の、最初の一冊!

メリット

  • 字も大きく読みやすい
  • イラストが多く理解しやすい

デメリット

  • 内容は看護師より
  • 内容はうすい
  • 病態、在宅のことは書いていない

こんな人にオススメ

  • 他の本でもNPPVが分からなかった看護師
  • NPPVにかなり自信のない看護師

値段、サイズなど

  • 1200円、64ページ、B5サイズ、2012年発売

内容紹介

NPPVでの呼吸管理にはじめてかかわる新人ナース、NPPVを使ったことはあるけれど自信がない…というナースにおすすめ。NPPVの基礎、実際の取り扱い、患者ケアなどについて、ごく基本的な内容をわかりやすく解説。これなら理解できる!

(BOOKSデータベースより引用)

誰でもわかるNPPV / 濱本実也

実践むけ!看護師、コメディカルの一冊目に最適な本!

メリット

  • 代表的な機種の扱い方も写真付きで丁寧に載っている
  • 画面の見方も写真つきで載ってある
  • 実践向け

デメリット

  • 内容は看護師よりだが、他職種でもOK
  • 病態生理はあまり載っていない

こんな人にオススメ

  • 看護師、コメディカルのよむ一冊目

値段、サイズなど

  • 2200円、144ページ、B5サイズ、2014年発売

内容紹介

近年増えてきたNPPVについて、適応の判断、機器の操作とトラブル対応、合併症の予防、緊急対応、退院後の生活も見据えた生活支援と指導など、必要な知識・技術と管理のポイントをビジュアルかつコンパクトにまとめました。

(BOOKSデータベースより引用)

口コミ

sheep

初心者にも分かりやすく友人が持っているのを借りてこれに決めました!

医師・ナースのためのNPPVまるごと事典 / 石原 英樹

実践から病態まで幅広くカバー!これ一冊でNPPVは十分ともいえる本!

メリット

  • 内容もかなり充実
  • 実践から病態生理まで幅広くカバー
  • 機械の扱い方も載ってある
  • マスクフィッティング、皮膚トラブルといった、日常で困ることものってある。

デメリット

  • 看護師やコメディカル1年目がいきなり読むと難しい

こんな人にオススメ

  • 医師は最初の1冊に最適
  • 看護師、コメディカルは3年目くらいになったか、2冊目かで読むとさらに詳しくなる

値段、サイズなど

  • 5000円、312ページ、B5サイズ、2019年発売

内容紹介

患者が快適なNPPVを行う上で最も重要なのは、機器・デバイスの正しい知識と病態への適切なアプローチ。本書では豊富な機種別ページとともに呼吸管理機器の使い分けにも重点を置いて解説。在宅呼吸ケアで必須のログデータ解析も詳しく取り上げている

(BOOKSデータベースより引用)

こういうことだったのか!!NPPV / 小尾口邦彦

リークや皮膚トラブルなど、NPPVをしたことある人なら共感できる悩みをズバッと解決してくれる一冊

メリット

  • 小さくお手軽なのに、内容は十分
  • NPPVにある程度慣れてきた人が困る、まさに「かゆいところに手が届く」問題がたくさん載ってある
  • 教科書の内容ではなく、実臨床で困る内容が満載

デメリット

  • 知識と経験がある程度ないと読む意味はなし

こんな人にオススメ

  • NPPVの患者さんをある程度みてて、フィッティングや皮膚トラブルなどの苦労が分かってきた人
  • 医師でも看護師でもリハビリ職でも、職種は問わない

値段、サイズなど

  • 2400円、156ページ、A5サイズ、2017年発売

口コミ

sheep

この本は実践をもとに書いてあるので、非常に役立ちます

sheep

分かりやすいの一言!お勧めしたいです

NPPVとネーザルハイフロー / 滝澤始

NPPVを着けている患者さんの病態まで深く学びたい人にオススメの一冊

メリット

  • ケーススタディでみていく
  • 病態生理を深く学びたい人むけ
  • AVAPSなど、ややレアな内容も丁寧に触れられている

デメリット

  • ある程度基礎知識がないと難しい
  • 医師以外はあまり向かない

こんな人にオススメ

  • NPPVの経験がある程度あって、NPPVにまつわる病態生理を学びたい医師

値段、サイズなど

  • 4500円、164ページ、B5サイズ、2017年発売

まとめ:NPPVの本のオススメはこれ!

看護師、コメディカルの最初の一冊はこれ

誰でもわかるNPPV / 濱本実也

はじめてのNPPV」は結構内容が薄いので、非常に苦手意識が強い場合じゃなければ、最初の一冊はこれがオススメです。深い病態生理まで学びたいなら「医師・ナースのためのNPPVまるごと事典」の方がいいですが、内容が厚いです。この書籍で実践に必要なことはだいたいカバーできているので、初心者がまず最初に読みたい場合こちらがオススメ。

NPPVになれた看護師がさらに深めたい時、および研修医の最初の一冊はこれ

医師・ナースのためのNPPVまるごと事典 / 石原 英樹

結構ボリュームがありますが、その割りには読みやすいと思います。オールカラーで写真も豊富です。機器の扱い方から、NPPVのトラブルシューティングから、疾患ごとの内容まで、幅広く書いてあります。これ一冊わかれば、NPPVの実臨床では十分頼られる存在になれるレベルです。

皮膚トラブルやリークなど、NPPVでよくあるトラブルを経験した後に読みたい一冊はこれ

こういうことだったのか!!NPPV / 小尾口邦彦

よくある、「IPAPが~、A/Cが~」と書いてある本とは一線を画す本です。NPPVで本当にこまる、マスクフィッティング、皮膚トラブル、リークなど、体験しないと書けない内容がふんだんに書かれています。かなりオススメ。基礎知識は飛ばしてあるので、初心者向けではないです。何年かたってNPPVに慣れたかというレベルで読むと、目からうろこの連続になります。職種関係なく読んでいい本です。

以上、参考になれば幸いです!